格安SIMのデメリットとメリットをまとめてみた

今どのくらい携帯電話に、あるいはスマホお金を払っていますか。スマホなら8000円程度であるという人が多いのではないでしょうか。

スマホの分割が高かったり、様々なオプションがあったりするとずっと高いかもしれませんよね。それに対して格安SIMなら月々の支払いが千円台。あるいは千円以下だったりします。

こんなに安いのは不思議ですが、どうしてこんなことが出来るのでしょうか。あるいはデメリットはないのでしょうか。

まずなぜ安く出来るのかという事ですが、それは単純に通信以外のサービスを省いているからです。つまり通常はスマホの購入に割引がありません。またサーポートをしてくれるショップもありません。それだけでなくメール機能のうちSMSという一般的なキャリアメールがありません。また通話もかけ放題サービスは実施していません。スマホじゃなくて一般的な携帯電話を使うことはできません。

一般的に格安スマホで利用されているSIMフリースマホではワンセグやおサイフケータイなのどの日本独自のサービスは利用できません。

これらのことがデメリットと言えるでしょう。

それに対してそん色ないのは通信エリアです。格安SIMはdocomoやauのデータ通信を使っているので、通信エリアに関しては大手キャリアと全く同じです。問題ありません。

そしてメリットはとにかく安いことです。一般的な090などの番号を使う音声通話ができる契約でも1500円程度からありますし、データ通信だけでよければ月額1000円程度です、

データ通信だけの格安SIMを利用していてもIP電話を利用することで音声通話が出来ますし、着信も可能です。通話料金も安くなっています。

スマホ端末も格安SIMとセットで購入することが出来ますので、種類は多くありませんが特に困ることはないでしょう。ミッドレンジのSIMフリースマホなら値段的にも2万円前後からですので、割引がなくても24か月分割にすれば、1000円以下で通信料と一緒に引き落としできるのが普通です。

とにかくメリットは劇的に安くなることです。それに対してデメリットはある程度自分で何でもしなければならないことです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ