格安SIMが安い理由

最近は格安SIMという言葉をよく聞くようになり、注目を浴びるようになってきましたが、格安と聞くと、格安で大丈夫なのかと不安に思う人もいるかもしれません。

格安SIMの安い理由としては、自社で通信設備を持たないということ、実店舗が少ないというということ、サポート体制が最小限であるということなどが理由を挙げることができます。

まず、自社で通信設備を持たないという点に関しては、大手通信会社の場合は、基地局などの通信設備を持っていますが、格安SIMを提供している会社はこのような基地局はなく、大手通信会社に通信設備を借りているので、通信設備を維持するためにかかってくる費用がかからないことになります。

大手通信会社に支払うレンタル料金は発生することになりますが、通信設備を維持するための費用に比べれば、格段に費用を抑えることができます。

また、格安SIMを提供している会社は、テレビなどのメディアの広告をあまり出さずに、サービスを提供しているので、その分価格を安く抑えているということになります。

次に、実店舗が少ないという点に関しては、格安SIMを提供している会社は、あまり店舗を持たずに営業しているので、店舗にかかる家賃などの費用を軽減することができるので、その分価格を抑えることができるようになっています。

では、どのように営業をしているのかというと、格安SIMを運営している会社の多くは、インターネット上のサイトから契約ができるようになっているので、店舗が少なくても契約数を増やすことができます。

サポート面に関しては、大手通信会社の場合は、全国に店舗がたくさんあって、そこでサポートをすることができますが、格安SIMの場合は、サポートはウェブサイトからのメールサポートや電話のみのサポートとなっています。

これにより、人件費を削減するので、価格が格安にすることができます。ですから、もし、スマートフォンが故障したりした場合は、格安SIMの会社にといわせるのではなく、直接メーカーに問い合わせることになります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ