格安スマホは通話料が高いというのは本当なのか?

格安スマホに乗り換えると通話料が高くなるから・・・と乗り換えを躊躇している方も多いのではないでしょうか。大手キャリアの料金プランは割高ですが、かけ放題が基本的にセットになっているので通話時間や通話頻度を気にすることなく通話が可能です。

それに対し、格安スマホの料金プランは必ずしもかけ放題がセットになっているわけではありません。また、家族間の無料通話といったサービスも存在しないのが普通です。

つまり通話に関しての割引がなく、通話したらしただけ通話料がかかってしまう・・・というのがネックですね。

 

しかし、この通話料に関する問題は2016年あたりからかなり解消できるようになってきました。MVNO各社がかけ放題オプションの提供をスタートしたためです。

MVNOのかけ放題オプションは3分以内なら何度でもかけ放題、もしくは5分以内なら何度かけてもかけ放題という形で、月額も600円~800円ほどで利用できるようになっています。この価格設定は大手キャリアと比較してもかなり安価ですね。

こうしたオプションを利用すれば、大半のスマホユーザーは通話料を心配する必要はないでしょう。

つまり、通話料が高くなるのでは?と不安がある場合はかけ放題オプションが存在するMVNOを選べばいいという形。かけ放題オプションはDTI SIMやIIJmio、FREETELや楽天モバイルなどのMVNOが提供しているので、これらのMVNOの中から乗り換え先を探すと良いですね。

また、かけ放題をセットにした料金プランを提供するMVNOも増えており、UQモバイルや楽天モバイル、ワイモバイルといった会社は大手キャリアに近い料金プランを提供しています。

 

こうしたかけ放題のプランやオプションを利用すれば大手キャリアとあまり変わらない使い勝手で月額料金を大きく抑えることも可能なのが格安スマホの現状。日々格安スマホのサービスは質が上がってきていますので、通話の面で不安があるという方も一度乗り換えを検討してみることをおすすめします。

 

無料通話アプリも活用しよう

ちなみに家族間の無料通話がない・・・という点が心配な方もいるかもしれません。この点についてはLINEの無料通話を活用すると良いでしょう。

LINEの無料通話はLINEアプリがインストールされていて、友達になっていれば誰でも使えますし、通話に関しては料金が一切かかりません。家族や友人間の通話であればこれで十分賄えますし、通話品質も決して悪くないのでぜひ活用しましょう。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ